Home » headline事務局からのお知らせ

高・障・子居住安定化推進事業3地域共選定!

2011年07月29日

上記事業の内「ケア連携型バリアフリー改修体制整備」部門にネットワーク会議から応募していました下記の三事業が
本日、見事に選定されました。
21応募に対して12選定といつになく厳しい選定結果でしたが、その中に3つもネットワーク会議の団体がはいれたこと
は大変、当会議としても意義のあることだと思います。

「選定事業」
大 阪:NPO法人ユニバーサルデザイン推進協会
事業名:持続型居住安定化のためのバリアフリー改修支援事業
協働先:北摂リハビリ研究会
補助予定金額:¥97,450,000.

 

北海道:NPO法人さっぽろ住まいのプラットフォーム
事業名:自分らしく安心安全に住み続けるための住環境整備事業
協働先:キタライフ北のくらしと地域ケア研究所・㈱札幌在宅リハビリセンター
補助予定金額:¥42,386,000.

 

高 知:NPO法人福祉住環境ネットワーkこうち
事業名:高知型ケア連携システムづくりバリアフリー改修支援事業
協働先:こうち訪問リハネットワーク
補助予定金額:¥41,224,000.

高・障・子居住安定化推進事業の内特定部門のケア連携型バリアフリー体制整備事業に応募し、一つのバリアフリー改修に関してケアの専門家(6万円)・コーディネーター(建築士)(20万円)の動きに対してのフィーとその内容をもとに行われる施工に対して、上限200万円(対象工事50%まで)の助成金がつきます。
また、その専門職のスキルを上げる研修や事業の効果を普及啓発していく事業についても一定の助成が得られます。
期間は3年です。
続けて、第二回の23年度の応募があるようですから、ぜひ皆さんもチャレンジして下さい。

投稿者:

この記事にコメントする

ログインされていない方は、下記よりログインしてください。